地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、江東区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

江東区の地域情報サイト「まいぷれ」

深川資料館通り商店街

8歩目 深川資料館通り商店街の歩き方

2012/10/01

清澄白河駅より徒歩1分、商店街には、呉服屋、豆腐屋、石屋など
昔ながらの店や若い方も楽しめる個性的なお店が建ち並びます。
今なお下町情緒を残している「深川資料館通り」を歩いてみませんか?

三協菓子店

ラムネの旗とアイスキャンディーの入った冷蔵庫。
昔よく行った駄菓子屋さんを思い出させてくれるお店です。
そんな昭和の雰囲気が漂う三協菓子店様をご紹介します!

■ご主人
貝瀬正猛さん

■趣味
鎌倉彫、読書、旅行

■皆様へ一言
いつもご利用いただき、ありがとうございます。
これからもお客様に沢山ご利用いただいていただけるよう、品物をそろえて参ります。
駄菓子も沢山種類ありますので、ぜひお子様連れの方も遊びに来てください。

今回、ご主人と奥様にお話をお聞きすることができました。

そこで、私が一番興味を持ったのがお二人の趣味です。
多趣味であることは去ることながら、その趣味をしっかりと極めてらっしゃいました。

左の写真にある作品は、ご主人の作品「鎌倉彫」と奥様の作品「江戸切子」です。
もちろん、すべて手作り。
設計図も頭で考えて、この作品を作成できる程の腕前なんだそうです。
これだけの腕前なので、知り合いの方に作成の依頼されることも沢山あったそう。
「趣味だから、本当はそこまでしたくないんだけど、付き合いもあるからね」とうれしそうに語っていらっしゃいました。
作品は店内に展示されていますので、気になる方はぜひ見に行ってみてください。

あとがき・・・

今回の取材では、ご主人と奥様の趣味に関するお話を沢山お聞きすることができました。
逆にお店自体の取材がそこまで出来ず、申し訳ありませんでした(笑)。

話は戻り、お写真でもご紹介しましたが趣味の腕前はプロ級。
本当にすばらしい作品でした。

海外旅行もお二人でよく行ったそうで、その中でもヨーロッパの歴史的建造物や町並み、美術館などのお話を沢山してくれました。
お二人が今の趣味を始められたキッカケが、分かったような気がしました。
最後には、奥様から「こんな長く時間使わせてごめんね!」とやさしいお言葉をいただき、とても親切にしていただきました。
三協菓子店さん、取材させていただきありがとうございました。
また、近く通ったらお話しましょう!

あ!そうそう!
三協菓子店さんのメイン商品は、「こわれせんべい」なんだそうです。
なんでも、メーカーさんも売り出すことがあまりなく、世の中に出回らないおせんべいなんだそうです。
三協菓子店さんは、「こわれせんべい」のバリエーションも豊富の取り揃えており、近隣の会社関係の方が多くご利用いただいてるそうです。
興味ある方はぜひ、ご来店お待ちしております!!


「三協菓子店」
営業時間 9:30~19:30
定休日  日曜・日月連休時の祝日
電話番号 03-3641-9388
東京都江東区白河3-3-19

人気のキーワード